肩こりからくる頭痛知ってる?そこには密接な関係があった!

座りっぱなしが続く受験勉強中の学生や事務職、パソコン作業をする社会人は肩こりになっても仕方ありません。
どうしても同じ姿勢を続ける必要があるので、防ぎようがないのです。

しかし、その肩こりは積み重ねなければ症状で悩まされることはありません。
放っておくことで、積もり積もって痛みとなって現れてしまうのです。

時にはそんな肩こりから頭痛まで合わさることがあります。
そうなってしまったら、相当ひどい状態だと言えます。

そんな状態になる前に、肩こりを解消するために毎日ストレッチをしましょう。
肩こりからくる頭痛で悩まないためにも大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりはマッサージだけでは意味なし!原因を特定しよう!

肩こりが起きるとご自身でマッサージする方が多いです。しかしご自身でマッサージをして肩こりが治らな...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

「腰痛が悪化し過ぎて動けない」なんてことにならないために

腰痛で苦しんでいる方。突然の腰痛で動けないなんて経験ありますか。その時、腰に痛みが起きて...

どんな姿勢で腰痛を感じる?うつ伏せで感じていたら至急対処

普段の寝相は仰向けですか?うつ伏せですか?それとも横向けですか?このうち、うつ伏せは...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

腰痛でお悩みの方。痛みがなく楽な姿勢こそ正しい姿勢なの?

腰痛の症状でお悩みの方は、普段はどのような姿勢でいますか?そもそも姿勢を意識して生活をされていま...

ずっと腰痛で悩むな!コレだけで?日常生活でできる予防法!

腰痛が起きないように色々な予防方法がありますが、その中でも今回は食事についてお話しします。腰...

姿勢が良い=好印象。これ間違い無し!それではどうする?

良い姿勢はどうやって作るか、なかなか分かりにくいですよね?他の人の綺麗な姿勢はよく分かります...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。また気の流れも滞っている...

しんどい腰痛は早急に緩和させるのみ。その方法はこうだ!

冬は最も腰痛が起きやすい季節です。主な原因は、気温が低いことによる筋肉の冷えや緊張から筋肉の硬化...

下半身連動ストレッチで股関節を大きく動かし膝の負担を軽減

膝だけを曲げ伸ばしする機会はあまりないはずです。対して膝と同時に股関節や足関節を曲げ伸ばすことは...

肩こり解消にはツボ押しマッサージよりツボ刺激ストレッチを

空気を胸に吸い込む時にとても必要なのが、肩甲骨を両側から背骨に寄せることです。そうすることで、よ...

姿勢を保持するための筋肉は地球で生きる限りケア不可欠!

私たちは生きていく上で、姿勢保持をしています。生まれながらずっとし続けていることです。た...

腰痛が治らないなら股関節を広げてガニ股で腰を落とそう!

腰痛が治らないのは、筋肉のバランスが崩れたままだからかもしれません。痛みの発する部分の筋肉を...

スポンサーリンク

 肩こりからくる頭痛にはどのようなことが考えられるか

肩こりで頭痛を訴える場合が多くあります。
肩周りの筋肉のこりが影響して、その上に繋がっている頭に血が行き届きにくくなるので当然と言えば当然ですよね。

おでこから目の周囲までの痛みは、僧帽筋と胸鎖乳突筋のこりが原因となります。
頭頂部や眼の外側の痛みは板状筋のこりです。
後頭部の痛みは頭半棘筋のこりです。
大体このパターンを頭に入れておけば、短時間のマッサージなどで結果を出す事が可能です。
もちろん複数の症状が出てる場合もありますので、組み合わせてこりを解消してください。

ちなみに解剖学上、僧帽筋と胸鎖乳突筋は副神経が支配しています。
胎児の時この2つの筋は一緒の筋肉で、途中から分かれていくのです。
そのため同じような頭痛を起こすのにも納得いくでしょう。

肩こりでの頭痛は、肩と首の筋肉が硬くなってしまった結果生じるのです。
そうなってしまった場合は、トリガーポイントと呼ばれる筋肉の硬結を押すことにより頭痛を和らげることが可能になります。
見つけられればマッサージで解すことができますし、分からなければストレッチで筋肉全体を解して、頭痛を解消しましょう。

肩こりからくる頭痛解消のためにボーススキャプラープル

今回はボーススキャプラープルという、肩に障害を持っている方のストレッチを行います。

肩幅程に足を広げて、両手のひらを上に向けて肘を直角に曲げてください。
手のひらと肘の位置は水平になります。

そのまま両肘を真後ろに引いてください。

肩が上がらないように引いたら、その状態から手を外に開いていきます。
この時脇が開きやすくなってきますので、肘をつけて脇を閉じましょう。

開き切ったら閉じて、前に戻してください。
この動きを10回繰り返しましょう。

胸の筋肉である小胸筋や大胸筋が固まって手先指先がしびれる方が非常に多くなってきます。
胸を開いてあげて、肩から肘、手首にかかるまでの様々な症状改善を図ってみてください。

ボーススキャプラープルのポイント/回数・タイミング

ボーススキャプラープルを行う上でのポイント

肘をなるべく低い位置にキープすること。
そして肘が体から離さないことで肩甲骨が理想的な動きをします。
動作は手先ではなく、肩甲骨で行っているようイメージしてください。

回数・タイミング

10回1セット。
1日3セット以上、隙間時間にどこでもできますので積極的に取り入れてください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩甲骨ストレッチ。
肩こり解消/予防。
四十肩、五十肩改善。
猫背改善。

運動強度☆☆

ストレッチ習慣があまりない方でも可。

このようなお悩みがある方

  • 肩こりや四十肩、五十肩でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 猫背を治したい方
  • 深呼吸が難しい方
  • 肩や首がこり固まっている方
  • 頭痛持ちの方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.200】ボーススキャプラープルで肩こりからくる頭痛を退治

肩こりと頭痛は切っても切れない関係にある

頭痛が続くからと痛み止めを飲んで抑えている方は多いようです。
でもその頭痛、もしかしたら肩こりから生じている血行不良かもしれません。

肩や首がこり固まってしまうと、頭への血流が制限されます。
そうなれば、酸素不足、栄養不足になるのは目に見えています。

まずは、肩や首の筋肉を緩めてあげましょう。
緊張感から開放されると、嘘のようにスッキリし、合わせて頭痛も解消することでしょう。

今回紹介したストレッチはやり過ぎて損することはありませんから、是非お試しください。