• 2017年12月16日

股関節ストレッチで歩幅を広げて身体パフォーマンスアップ!

スポーツをする上で股関節の柔軟性が運動パフォーマンスを左右すると行っても過言ではありません。あればあるほど良いと言えます。様々な動きができる股関節ですが、一方だけではなくそれぞれの方向の柔軟性が必要です。行きにくい方向があったり行きやすい方向もあったり、それは股関節に留まらなく膝関節、足関節、足の指の関節まで影響します。骨と腱、筋肉で繋がっているからです。つまり股関節の柔軟性のバランスが崩れれば、どこかに故障が起こりやすくなります。それは足だけに留まらなくなっていきます。肩関節、首の関節、さらに体幹部の背骨に至るまで伝わります。運動量のアップで負荷の掛かるスポーツは、そのスポーツの特性によってもっと股関節のバランスを崩しやすくなります。例えば陸上においては左回りでトラックを走ります。またボール競技においては、利き腕や利き足など片方の関節を使うことが多いです。だからこそ股関節の柔軟性のバランスを保つということは大切なのです。今回紹介するストレッチは、スポーツをする人にとって大切なメニューの1つです。是非取り入れてください。

  • 2017年12月16日

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。その中で歩く、走る動きをする時に一番大切な関節が股関節です。そんな股関節には様々な筋肉が、2足で動きながらバランスを保つために複雑についています。股関節周りには大きな神経や血管が流れており、使用頻度が多いために筋肉を硬くしてしまうと、様々な障害をもたらすことになります。ですから走るスポーツにおいては、運動能力の維持やアップのために股関節の柔軟性は非常に大切です。今回紹介する股関節のストレッチは体幹を連動させて行う競技力向上ストレッチです。陸上競技をされている方には特にオススメのメニューとなっています。是非お試しください。

  • 2017年12月15日

太腿とお尻の柔軟性バランスは崩れやすい!ストレッチで調節

ウォーキングやジョギング、ランニングをする上で歩幅を広げるためには、股関節から繋がる太腿とお尻周りの筋肉の柔軟性が必要になってきます。 そこの動きが悪くなったり、さらにひどくなり動かなくなると、膝から下で歩行をするようになり腰痛や膝痛などの故障を引き起こします。 そうならないために足を振り子のようにより良く動かすためには、支点となる太腿とお尻周りの柔軟性を高めること。すると振り幅がどんどん広がり、自然と歩幅が広がります。 さらに両方同時に前後に広げて柔軟することで比較的簡単に動く範囲が大きくすることができます。 今回はスポーツにおいて太腿とお尻周りの柔軟性を上げるストレッチでランニングなどでの故障を軽減させます。

  • 2017年12月15日

股関節と足関節を正しくストレッチすれば速筋が使えるように

運動パフォーマンスを上げる上で、股関節の柔軟性は非常に重要な部分です。筋肉の緩む方向性としては、首から始まり上から下、中心から外側へという流れがあります。この方向性に沿ってストレッチを行うと、股関節の柔軟性アップは足関節の柔軟性のアップにもつながります。また、足を真っ直ぐ伸ばしてつま先を立てて外側に動かすことで、股関節、膝関節、足関節、足の指の関節やそれに付随する筋肉や腱に刺激が入り足全体の柔軟性の向上になります。さらに同時に股を左右に開くということでさらに効果を高めます。今回紹介するストレッチはこれらを網羅しています。是非お試しください。

  • 2017年12月14日

足首を硬くしておくな!足関節を正しくストレッチして柔軟に

人間は他の動物と違い二本足で立ったり歩いたり、走ったりします。四つ足の動物と違い、全ての体重が二本の足の足関節周りの筋肉や腱、関節を含む骨に掛かるのです。細い足首の関節で体を支えているわけですから、柔軟性が失われると一番怪我をしやすい部分とも言えます。足首は、内くるぶしが外くるぶしより高い位置にあるので力を抜くと、親指を内側にして下りながらねじれていきます。つまりその方向が、自然に行きやすい方向になります。そうなると小指を外側からねじり上げるという反対の動きというのは、力を入れないと動かない方向だと言えます。スポーツの場面において、比較的切り返し動きやジャンプなど瞬発的に動かす動作を長時間に渡ってするような卓球、テニス、バドミントンなど個人競技においては、足首の柔軟性が失われ怪我をしがちなスポーツとなります。こういった競技をしている方はもちろん、足首の硬さで悩まれている方は今回紹介するストレッチを試してください。効果を実感できるはずです。

  • 2017年12月14日

背中の筋肉をストレッチするなら肩甲骨を満遍なく動かそう!

背中の筋肉が硬く重だるいからとマッサージをしてもらってもあまり効果を感じない、という方が最近多いようです。また背中の筋肉はマッサージをすれば解れて、疲労解消や腰痛予防になると思われている方が多いです。しかし、実は背中だけをマッサージするだけではいけません。背中よりもまずは状態を上げなくてはいけない部分があるからです。それは『肩甲骨』。今回は肩甲骨についてお話します。

  • 2017年12月14日

体幹トレーニングであらゆるスポーツのパフォーマンスを向上

今となってはメジャーになった体幹トレーニングですが、最近はスポーツ選手の中で『体幹はスポーツで必要不可欠だ』と皆口を揃えて言います。体幹トレーニングをすることで運動パフォーマンス向上、怪我の防止が図られますし、最近では一般の方にも人気が出てきています。一般の方であれば、姿勢改善、内臓機能促進といった健康体を手に入れることもできるのです。今回は多くの方が気になる点、どうしてスポーツ選手が体幹トレーニングをするのかを色々な視点でお伝えします。

  • 2017年12月10日

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロールを失うことになります。しかし左右を同じ可動域にしておくことでそれを防ぐことができます。肘や指に比べ手首は様々な動きをしてくれます。だからこそ利用頻度が高い関節の1つとなります。そして左右の関節可動域の違いから怪我を引き起こしやすくなります。結局ボールを両手で受け取る場合は、手首の硬い方の衝撃が大きくなるということです。今回紹介するストレッチは、手首の様々な動きを両手を使って交互に行う事で、柔軟性アップと左右のの可動域のバランスを整えます。両手のバランスが悪い競技者には強くオススメします。

  • 2017年12月9日

体幹トレーニングの効果が現れる期間。目標設定して習慣化!

ストレッチ、トレーニング指導をする時に良く、『トレーニングの効果はどのくらいで得られますか?』と聞かれます。しかしお客様、競技者の体の状態によって判断をするので、断定をするのは非常に難しいことです。中にはその場で指導をしてすぐに効果が出る方もいれば、長い期間行ってやっと効果が出る方と様々なのです。今回は体幹トレーニングの効果、そして必要性と、オススメの方法をお話します。

  • 2017年12月9日

首が痛いと1日が憂鬱でたまらない!このストレッチで即解消

首の痛みはどうして起きるのだろうと疑問に思ったことはありませんか?強い衝撃を首に受けた時は想像つきますが、前日まで何もなかったのに翌朝起きたときになぜか首が痛いということもありますよね。首は身体の部位の中で一番神経が通っている部分なので、首周りに痛みが出たときは慎重に対処する必要があります。今回はそんな首の痛みの原因として考えられることから、予防法となるストレッチをお伝えします。