肩こりに効くストレッチ。普段やらない動作にこそ効果を期待

肩こりに効くと言われるのは、マッサージでしょうか。
肩たたきでしょうか。
それとも温浴でしょうか。

どれも間違いではありません。
ただ効果も限られてしまい、長続きもしないのが残念です。

そこでオススメなのが、やはりストレッチ。
数あるストレッチから、サポーターにより解してもらえるメニューを紹介します。
もちろん1人でも効果抜群です。

 肩こりに効く最適なケアの方法

肩こりが慢性化すると、頭痛がしたり、さらにひどくなると嘔吐をしてしまう場合もあります。

そんな肩こりに悩まされる人は非常に多いのですが、自宅でもできる肩こりに効く解消法というのはいくつかあります。

そこで簡単にできる肩こりの解消法についてお話します。

肩こりは、肩の周りの血液の流れが悪くなってしまう事で起こります。
ですから、肩の周りの血流を良くして老廃物を流すことで肩こりを解消することができます。

肩の血行を良くする為には、肩を温めることが大切です。
お風呂に入る際に、シャワーで済ませたりしていることはありませんか?
湯船にお湯を入れてしっかり体を温めるということは、肩の血行も良くなるので肩こり解消に繋がります。

温かい湯船に浸かるだけでも効果は大きいですが、浸かっている際に首の後ろにあるくぼみをゆっくりと押してみてください。
5秒間押したらパッと手を離し、また5秒間押し続ける。
これを4、5回繰り返します。
入浴と簡単なマッサージで、肩こりはかなり改善されるのでオススメです。

それでもまだまだ根深い肩こりには次で紹介するストレッチが最適です。

肩こりに効く肩甲骨はがし バックアームエクステンド

今回はバックアームエクステンドという、主に三角筋、肩甲骨回りの筋肉にストレッチです。

まず椅子に座ってください。
少し浅めに座って手を後ろで組みます。

そこから手を上げられるところまで上げてください。

上げられる限界から、パートナーがさらに上に上げてあげましょう。
椅子の上に足を乗せ、背中に膝を当てて両手を上に上げます。

ストレッチをする側の人はここで背筋を伸ばし、さらに胸を張りましょう。

限界まで行ったら下ろします。
この上げ下げを10回連続で行ってください。

これは1人でもできるストレッチですが、ペアで行うことでより効果が高まります。
ぜひペアで行ってみてください。

バックアームエクステンドのポイント/回数・タイミング

バックアームエクステンドを行う上でのポイント

背もたれのない椅子がベストです。
無ければ、背もたれの位置をずらして足が乗せやすい向きで浸かってください。
限界からさらに上げようとすると、痛みから力が入ってしまうことが多いです。
ゆっくり息を吐き脱力をし、パートナーに任せましょう。
パートナーも少しずつ可動域を広げる意識で、最初から高く上げないよう注意してください。

回数・タイミング

10回1セット。
インターバルを挟みながら3セットやると、可動域がかなり広がります。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

背中ストレッチ。
背中のだるさや重さを軽減。
姿勢矯正/改善。
肩こり解消。

運動強度☆☆

後ろに手を組んで10センチ以上上げられる方

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 深呼吸しても胸が広がらない方
  • 1人でストレッチができない方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.189】肩こりに効くバックアームエクステンドを効果的に

肩こりに悩まれているなら、この効くストレッチをお試しあれ!

この肩こりに効く動作、日常で行うことはないでしょう。
そのため、ストレッチ効果を非常に感じられます。

もしペアになってやってくれる人がいなくても、テーブルや椅子の背もたれ、手すりなどを使ってもストレッチできます。
その場合は自分で膝を曲げて、強度をコントロールしてください。
解れてスッキリできるはずです。