CATEGORY

体幹トレーニング

  • 2017年12月30日

踵の骨へのダメージを減らすストレッチ。ランニング前に必須

ランニングはひたすら脚を交互に出す運動です。そのため、アスファルトやコンクリートなど地面が硬いところを長時間走ると、ダメージはどんどん蓄積していきます。特にランナーで負担が掛かりやすいのが、膝と踵。筋肉や腱、骨とそれぞれに負担が掛かります。走ることを止めない限り、そのダメージから逃れる術はありませんが、フォームを正し、筋肉や腱を柔らかくしなやかに保つことで負担を軽減することができます。今回紹介するストレッチ&トレーニングは、ランニング前にしてもらいたい内容です。全身運動で心拍数も上がるので、ウォーミングアップに最適です。是非お試しください。

  • 2017年12月30日

悪い姿勢で筋トレをすると故障。良い姿勢でするなら効果倍増

筋トレの目的がパワーアップのためなのか、シェイプアップのためなのかでやり方は変わります。ただどちらも間違った姿勢で行ってしまっては意味がありません。というより、怪我や故障に繋がる可能性があるので、やめたほうが良いでしょう。筋トレはトレーナーの指導の元、正しい姿勢で正しい回数するのが得策です。そこでオススメなのが、いつでもどこでも正しい姿勢でいられるようになることです。そのためには、神経促通させるラボ式ストレッチが有効です。正しい姿勢、正しい運動パターンを体に染み込ませれば、筋トレの正しいやり方の理解も早くなります。まずは体の連動を促しましょう。

  • 2017年12月29日

どんな運動にも姿勢チェックは欠かせない。不調の原因も確認

ご自身の姿勢のチェックをしたことありますか。また正しい姿勢とはどんな状態かご存じですか。立位、座位、運動時とそれぞれに理想の姿勢というのは存在します。運動時の正しい姿勢はアスリート、競技者でなければ考える必要はないかもしれませんが、一般の方は立位と座位の理想は押さえておきましょう。今回は立位姿勢に注目します。チェックしてみてください。

  • 2017年12月29日

不安定な姿勢でのストレッチで股関節可動域とバランスアップ

股関節のストレッチと言えば、床に座り開脚するものを思い浮かべる方は多いでしょう。そのストレッチ、当たり前のようにやっていますか。当たり前にできていれば、股関節の可動域はそれなりに確保できているはずですが、やらないとすぐ硬くなるのも股関節の特徴です。硬くなってしまうと、あらゆる動作に制限が掛かります。今まで届いていたところに届かなくなるのです。そうなっては不便で仕方ありませんよね。ただ、床で開脚するのは痛いですよね。そこで紹介するのが今回のストレッチ。伸ばすのではなく、高く上げるのが目的。正しい姿勢で行えば、痛みもほとんどなく、可動域を広げていけます。是非お試しください。

  • 2017年12月28日

姿勢が悪いとダイエット失敗?でも姿勢を良くするだけで変化

私たち人間には様々な体型の人がいます。細い人、太っている人、細マッチョ、筋骨隆々、ぽっちゃり、姿勢が良い人、姿勢が悪い人など。そんな色々な体型の女性の間で『ダイエット』の話は尽きないようです。『あのダイエット法はあまり効果がなかった』。『あのダイエット法は楽しみながら続けられて効果を感じた』など。ただ体型が違えば同じ方法でも効果のほどは全く違います。もしかしたら、失敗した理由は体型違いのせいとも考えられます。しかし細い人、太っている人が失敗するには、共通の理由があります。それは姿勢の問題です。そこで今回は、姿勢とダイエットにはどのような関係があるのかをお話します。

  • 2017年12月28日

ランナーこそ体幹トレーニングを。ランニングを省エネ運転に

体幹トレーニングによってランニングフォームは変えられます。今、ランニングをさせている方も体幹トレーニングで上半身と下半身の連動を高めると、スピードも持久力も上がります。なぜなら、無駄な動きがなくなるからです。是非今回紹介するメニューを軸に体幹トレーニングを取り入れていってください。

  • 2017年12月28日

体幹トレーニングに使える便利グッズ。バランスボールは良い

体幹トレーニングに必要なグッズとは何でしょうか。ストレッチマット。ゴムチューブ。ダンベル。バランスボールなど。色々あれば活用できそうですが、1つも無くても体幹トレーニングはできます。そのためには、体の仕組みを理解することが必要です。普段から対角線を意識して過ごしてみましょう。右手を伸ばす時右足を後ろに引いたり、左足を前に出したりするのです。ただ右手を伸ばすより、遠くまで伸ばせるはずです。これが体幹を使うということ。是非今回紹介するストレッチ&トレーニングで感覚を磨きましょう。

  • 2017年12月27日

筋肉を伸ばせば骨も元通り。ストレッチのやり方を間違えるな

猫背、O脚、側弯症。どれも骨の位置が正常でないことで起こります。そのため、骨を矯正して治そうとする方が多いのが現状です。側弯症のような先天性の原因は矯正が必要ですが、その他は骨だけを正しても解決には繋がりません。なぜなら、骨の並びには筋肉や神経が影響してくるからです。今回はどうして骨の並びが崩れるのか、筋バランスを整えるにはどうしたら良いかを説明します。そして今回紹介する少し難しい体幹トレーニングのやり方ですが、効果は大きいのでオススメします。

  • 2017年12月27日

体幹トレーニングによってバドミントンスキルを効率良く向上

バドミントン人気はどんどん高まってきていますね。競技の特徴は何と言っても前後左右への激しい移動。そして難しい姿勢でもシャトルを打ち返すこと。見ていても相当な身体能力を必要とするスポーツだと分かります。その能力はバドミントンをプレーする中で培われるものもあるでしょうが、やはりラケットを使わずにすべき練習メニューもあります。それは体幹トレーニングです。パフォーマンスアップはもちろんのこと、バドミントンで起きやすい肘の故障の予防にも必要だと言えます。今回はそんな体幹トレーニングについてお話します。

  • 2017年12月27日

体幹トレーニングでチューブを使ったメニューの効果の程は?

体幹トレーニングにはたくさんの種類があります。自重で行うメニュー、バランスボール又は器具、ゴムチューブを使ったメニューなどです。最近になっては体幹トレーニングに関する本を出版されているアスリートの方が増えてきてますね。今回、体幹トレーニングの中でも、ゴムチューブを使ってトレーニングをすると身体にどのような影響を及ぼすのか考えてみましょう。目的に合わなければ、別メニューを組み合わせないと無駄になることも考えられます。