CATEGORY

ストレッチ

  • 2017年12月31日

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

漢方は自然界にあるものから作られています。そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。そんな漢方にはたくさんの種類がありますが、肩こりを抱えている方に効果的なものも存在します。ストレッチをサボらず続けているのに解消しきれないといった方は、体の内側からの回復力が足りていない可能性があります。ですから漢方の力を借りて、内側の力を高めることも考える必要があるでしょう。今回紹介するストレッチで肩こりを解消しきれないと感じたら、漢方も試してみることをオススメします。

  • 2017年12月31日

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉のこりが原因ですから、ストレッチをすれば解消できることがほとんどです。肩こりを放っておくと、首を通して繋がっている筋肉もこります。その結果、頭部への血流が悪くなります。つまり頭部が酸欠ぎみになって頭痛まで引き起こすことがあるのです。今回は、肩こりと頭痛の関係性を明らかにし、ストレッチの必要性をお話します。

  • 2017年12月31日

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。もしかしたら、肩甲骨がどのようなもので、どんな動きができるのか知らない方も多いのではないでしょうか。知らなければ、日常生活で意識すること無く、一定の使い方しかしなくなる可能性が大です。肩甲骨は体にある骨の中でも特徴的で、可動範囲が大きいです。この可動域を知り、余すこと無く使うようにすれば、肩こりのような筋肉のこりはすぐ解消できます。今回紹介するストレッチは腕の重みで肩甲骨を矯正的に動かします。肩甲骨の存在を感じるためにも是非お試しください。

  • 2017年12月31日

猫背で悩んでいる方、治すためにストレッチ何種類やってる?

猫背を治すためにストレッチをしていますか。そのストレッチもたくさんの種類があります。どれも猫背矯正に効果があるものばかりでしょう。ただし、どれも数回やっただけでOKというワケにはいきません。何度も繰り返し、体にその感覚を常に残しておくことが大切です。今回紹介するストレッチは動かすメニューのため、体に感覚が残りやすいです。是非試してみてください。

  • 2017年12月30日

歯痛を放っておくと知らず知らずに肩こりになる可能性大!

歯痛と肩こりには意外な関係性があります。どうしてなのか想像つかない方もいるかもしれません。しかし体というのは不思議なもので、いろいろと関連し合っています。どちらかの顎ばかり使って食事していませんか。右手ばかり動かしていませんか。そういった偏った生活に肩こりの原因があるのです。一度、今の生活を見直してみましょう。

  • 2017年12月30日

あなたの肩こり、本当の原因を把握している?人それぞれ違う

肩こりとは肩周りの筋肉がこり固まることを指します。ただなぜこり固まるのでしょうか。原因は1つではありません。1つではないから、解消方法も多岐にわたります。まずは普段の生活を思い返し、肩こりの原因となる要素を数えてみましょう。それらを1つ1つ改善していけば、肩こりとは無縁の生活が送れるようになるはずです。

  • 2017年12月29日

姿勢を良くするため整体へ行くのも良いがセルフメンテもあり

皆さんは整体へ出向いて姿勢矯正をしたことありますか。体が硬い人程、痛みを伴うことが多いですよね。また左右のバランスが崩れていることに気付かされることもあるようです。自分で自分の体の状態を把握していないのはまずいと思いませんか。どこが硬くて、普段どんな姿勢をしているのか。また、正しい、理想とされる姿勢はどんな状態なのか。整体に行くとそういったビフォー・アフターに気付かされます。ただ、それをその後どれだけ意識して過ごせるかが姿勢維持には必要です。すべて忘れてしまっては、すぐに元の悪い姿勢に戻ってしまいます。忘れないためにはセルフストレッチは欠かせません。今回紹介するメニューは普通のやり方とは違います。是非お試しください。

  • 2017年12月29日

肩こりと腰痛の原因は同じ可能性大!不良姿勢と運動不足が鍵

肩こりや腰痛の原因を探せばたくさん出てきますが、その中で共通するのが姿勢の崩れがあります。悪い姿勢は体が不調になる根本的な原因です。ですから、正しい姿勢を意識して過ごすことが必要なのです。しかし、正しい姿勢で居続けることも大変です。バランスを保とうと緊張を強いられる可能性があるからです。何よりも同じ姿勢を続けるのは、体にとって良いことはありませんから、定期的に立ち上がったり座ったり、ストレッチをしたりすることをオススメします。不良姿勢も、たまにする分には問題ありません。ただし短時間にしておきましょう。

  • 2017年12月25日

股関節を柔らかくするなら振り子運動ストレッチがオススメ!

最近は技術の進歩により動かずに何でもできるようになってきました。スピーカーに話しかけるだけで、何でもできてしまう時代です。今後は益々その傾向が強くなる一方でしょう。そのため、私たちは慢性的な運動不足になっています。もちろん定期的に運動をしている方もいますが、半数以上は家事や仕事に追われ、決まった動作しかしなくなっているはずです。そうなると関節という関節はどんどん可動域を失っていきます。普段家事で動かしているからという方も、一方向しか使っていないと意味がないのです。特に硬くなりやすいのが、股関節。開脚や前屈、痛みなくできますか?少しでもストレッチされて痛みを感じるようなら、それは危険信号です。すぐに今回紹介する股関節を柔らかくするストレッチを取り入れていきましょう。オススメです。

  • 2017年12月25日

肩甲骨が柔軟に動かないと呼吸が苦しいことで酸素不足に陥る

呼吸をする上で大切なことは、肺臓の周りの内外の筋肉を柔軟にすることです。すると一度にたくさんの空気を摂り込むことができます。摂り込めば摂り込むほど新鮮な酸素が体の健康を育む一歩になります。その呼吸を良くする方法の1つとして、肩甲骨の柔軟性アップは欠かせません。今回紹介するストレッチは、肩甲骨を左右に大きく動かし背骨側に寄せることで、たくさんの空気を吸うことができます。猫背になればなるほど呼吸は浅くなります。吐く方はしやすいのですが酸素を摂り入れることが非常に難しくなります。現在呼吸が苦しいなと感じている方は、是非今回のストレッチで呼吸をしやすくして、たくさんの酸素を体内に入れて健康増進に努めましょう。