姿勢が悪いとダイエット失敗?でも姿勢を良くするだけで変化

私たち人間には様々な体型の人がいます。
細い人、太っている人、細マッチョ、筋骨隆々、ぽっちゃり、姿勢が良い人、姿勢が悪い人など。

そんな色々な体型の女性の間で『ダイエット』の話は尽きないようです。

『あのダイエット法はあまり効果がなかった』。
『あのダイエット法は楽しみながら続けられて効果を感じた』など。

ただ体型が違えば同じ方法でも効果のほどは全く違います。
もしかしたら、失敗した理由は体型違いのせいとも考えられます。

しかし細い人、太っている人が失敗するには、共通の理由があります。
それは姿勢の問題です。

そこで今回は、姿勢とダイエットにはどのような関係があるのかをお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体幹トレーニングにはダイエット効果がある!?見込めない?

ダイエットしようと心に決めて、体幹トレーニングを始めてみたものの効果をはっきり感じられず諦めてしまう...

体幹トレーニングの効果は最低2週間で感じ1か月で周囲も評価

体幹トレーニングは効果が現れるのが遅いです。なぜなら体の奥底にある深層筋に働きかけるからです。...

毎日?1日おき?体幹トレーニングが最も効果的な頻度とは?

体幹トレーニングをウェイトトレーニングと同じと思っている方が多いようです。実際2つは体を鍛えると...

体幹トレーニングで腹筋が割れる!?正しくは見えてくるだけ

腹筋を割りたいから、腹筋運動を続けている、体幹トレーニングを始めたという方は多いようです。そ...

ランナーこそ体幹トレーニングを。ランニングを省エネ運転に

体幹トレーニングによってランニングフォームは変えられます。今、ランニングをさせている方も体幹...

体幹トレーニングは自重で可!ジム通い不要で自宅でトライ!

体幹トレーニングはトレーニングジムに行って、専用の器具を使ったり、専門家の補助を受けたりしないとでき...

体幹トレーニングは体1つ十分!器具が不要で始めやすい!

体を鍛えようとするのは、どんな方でしょうか。スポーツで上を目指す方、モデルのように見せる体が必要...

肥満解消したい方!体幹トレーニングしただけで見事に痩せる

一度肥満傾向になると、それ相応の努力をしないと痩せることはできませんよね。少しでも楽に痩せよ...

やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。ですからどこでもできる手軽なトレーニン...

体幹トレーニングにダイエット効果を求める女性へアピール

体幹トレーニングはアスリートが成績向上、怪我予防のためにするのが一般的ですが、女性が取り組むにはきつ...

これだけあれば始められる!体幹トレーニング初心者の準備物

体幹トレーニング初心者がいきなり難しいメニューを選んでしまうと、その辛さだけがイメージとして残ってし...

どんな運動にも姿勢チェックは欠かせない。不調の原因も確認

ご自身の姿勢のチェックをしたことありますか。また正しい姿勢とはどんな状態かご存じですか。...

体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛え腰痛の元を排除!

慢性腰痛が運動不足に起因しているのは、ほぼ間違いないでしょう。運動不足によって体は本来の機能...

捻転は体幹がつないで最大化!トレーニングでゴルフ腕前上達

ゴルフは捻転を必要とするスポーツで、直線的な運動だけでは飛距離が得られません。捻転とは上半身...

背中が真っ直ぐになると痩せる!?ストレッチで美背中を実現

あなたは正しい立ち方をご存知ですか?現在、女性の方の大半が美しく正しい立ち方ができていないと...

スポンサーリンク

こんなダイエット方法はいかが

現在、世の中にはダイエット方法が無数に存在します。
その中でも、いくつか面白いダイエット方法を紹介します。

食事系ダイエット方法
「食べれば食べるほど痩せられる」。
そんな夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットです。

脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープ。
野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝をアップさせます。
結果痩せやすい体に生まれ変わらせてくれます。
だから、脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるのです。

ながらダイエット方法
大股速足歩き、階段一気上がり、エスカレーターストレッチ、つり革引きといった通勤途中に行うダイエット法。
コストも掛からず、時間も無駄にせず、効率良くダイエットができたという方もいるそうです。

ダイエットが上手くいかない姿勢が悪い人

姿勢が悪いというと真っ先に思い浮かべるのは猫背ではないでしょうか。
そんな猫背は老けて見えるだけでなく、ダイエットの敵でもあるのです。

猫背の人は肩甲骨が開いて肩が前に出ています。

試しに猫背になって見ると良く分かります。
猫背の姿勢になると、お腹に力が入らず筋肉が緩んできませんか。

特に、デスクワークなどで1日前かがみになっている人は要注意です。
そうなる理由は、猫背になると背中がたるんできて、肩の位置が内側に入りやすくなります。
肩の位置が内側に入ると肩甲骨周りの筋肉がたるんできて、さらにお腹の筋肉が緩むので下腹部がぽっこりしてしまうのです。

猫背が続いてしまうと、筋肉を使うことなく代謝が悪くなる一方です。
ダイエットをするなら、姿勢には気をつけましょう。

姿勢が悪いとダイエットが上手くいかない以外にどんな影響が起こるか

姿勢が悪い状態でいると身体に様々な悪影響を及ぼします。

肥満に繋がる
姿勢が崩れてしまうと内臓の位置が正常の位置からずれてしまい、内臓疲労に繋がります。
そうすると、消化吸収がうまくできなくなりダイエットどころか、さらなる肥満へと繋がります。

こりや痛みに繋がる
姿勢が悪い状態を長時間続けることで、一部分の筋肉だけで身体を支えることになります。
そうすると緊張した状態で姿勢を維持することになり、最終的にこりや痛みに繋がります。

睡眠にも影響
悪い姿勢、こり、痛みがあると、筋肉は緊張したままの状態が続きます。
そのままだと熟睡ができなかったり、不眠症を引き起こすといった睡眠障害を招くことがあります。
睡眠の質が悪いと疲労も溜まって抜けなくなってしまいます。

ダイエット成功に導くために姿勢を改善するにはストレッチ

ダイエットを成功させるため、姿勢を正しい位置に保つために、ラボ式ストレッチをオススメしています。

まず姿勢を良くする為には各骨の位置、関節の位置などを正しい位置に戻すことが重要になってきます。

例えば、猫背の人は背中が丸まって肩の位置が内側に入り、首が前に出ている状態だと考えられます。

ストレッチをする前に、鏡の前で姿勢の修正をしてみましょう。
手順は以下の通りです。

  1. まず足の踵同士をくっつけて、つま先を外側(35度くらい)に開いた状態にします。
  2. 踵重心にし、つま先を浮かせ、小指側から地面に下ろし、親指は浮かせた状態をキープします。
  3. お尻の穴を締めるようにします。
  4. 両肩を耳に近づけながら、肩を後ろに回したところでキープします。
  5. 顎は引いた状態にします。

このように各部位をセッティングすると姿勢が良くなりましたよね。
試しに行ってみてください。

姿勢を良くするストレッチでダイエット成功へ アシンメトリカルツイストの流れ

今回はアシンメトリカルツイストという、神経促通パターンのトレーニングです。
肩こりや背中の張りをお持ちの方はこのようなトレーニングで改善を図りましょう。

まず仰向けになり、両足を開いて、両手はバンザイします。

右手を左手の方向に持っていきましょう。
両足はここで閉じてください。

さらに両膝を曲げます。

そこから両膝を右側に倒してください。

そうしたら、両手の間隔を保ったまま右下の方に両手を動かしていきます。

この時同じタイミングで、両足を左側にねじっていきましょう。
また両手が右下に来た時には手の甲が向き合うようにしてください。

両手、両膝を元に戻します。
両手を戻す際は、また手のひら同士が向かい合うようにしてください。
この連動を10回繰り返していきましょう。

10回動かしたら、左右を入れ替えて同じように繰り返します。
両手を上げ下げする時、目線を常に指先に合わせるように首を動かしてください。

これは全身連動することによる腰痛の改善ストレッチにもなってきます。
是非お試しください。

アシンメトリカルツイストのポイント/回数・タイミング

アシンメトリカルツイストを行う上でのポイント

雑巾を絞るように身体を捻ってみてください。
身体を上半身、下半身を別々の方向に捻ることで、左右のバランスを整えることができ、姿勢が良くなりダイエットしやすい体作りができます。

回数・タイミング

左右10回1セットを基本として1日3セット行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

体幹トレーニング。
肩甲骨と股関節を連動させる神経促通ストレッチ。
姿勢改善。
肩こり・腰痛の解消。

運動強度☆☆☆☆☆

運動不足解消から運動パフォーマンス向上まで。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • お腹ぽっこりでお悩みの方
  • ダイエットが失敗ばかりしている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.244】アシンメトリカルツイストでダイエットを成功に導く

姿勢を良くすること。それはダイエット目的より健康増進

姿勢を良くするのは、意識するのが大変なだけで、そんなに難しいことではないはずです。
姿勢を正しくするだけでも姿勢保持に必要な筋肉を使うことになります。
対して、姿勢を崩すと様々な悪影響しか現れません。

皆さんはどちらを選びますか。
この違いを理解すれば、姿勢を良くしようという気持ちが芽生えるのではないでしょうか。
そうすればダイエット成功どころか、体が磨かれ新しいことにもチャレンジできるようになるかもしれません。

是非このストレッチをベースに体を良い方向へと転換していってください。