ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

どんな運動にも姿勢チェックは欠かせない。不調の原因も確認

2017.12.29

ご自身の姿勢のチェックをしたことありますか。

また正しい姿勢とはどんな状態かご存じですか。
立位、座位、運動時とそれぞれに理想の姿勢というのは存在します。

運動時の正しい姿勢はアスリート、競技者でなければ考える必要はないかもしれませんが、一般の方は立位と座位の理想は押さえておきましょう。

今回は立位姿勢に注目します。
チェックしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

長友選手のように体幹トレーニングでサッカーの質を高めよう

サッカーで体幹トレーニングといえば、長友選手が有名ですよね。 彼は体幹トレーニングによって作り上げ...

一般的体幹トレーニングの種類の名前一挙紹介!こんなに!?

一般的に紹介されるような体幹トレーニングは種類が豊富ですが、どれをやったらいいか迷ってしまいますね。...

ブレないことがすべて!体幹トレーニングで陸上競技の高みへ

陸上競技でタイムを縮める、フィールド競技では記録を伸ばすことがすべてです。 それを実現するには...

やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。 ですからどこでもできる手軽なトレーニン...

全身を運動ラインで動かして痩せやすくなるストレッチを実践

ダイエット、どうせやるなら成功させたいですよね。 しかし色々なダイエット方法を試しても、結果が...

いつでも効果的?体幹トレーニングを行う時間で違いが出るか

時間を気にしないで、気軽にやってもらいたい体幹トレーニングですが、いくつかの注意点、避けたほうがいい...

激しい接触で負けない!体幹トレーニングでバスケ用の体作り

日本にもプロバスケットボールリーグのBリーグが誕生し、バスケ人気が高まっています。 そんなバスケを...

ランナーこそ体幹トレーニングを。ランニングを省エネ運転に

体幹トレーニングによってランニングフォームは変えられます。 今、ランニングをさせている方も体幹...

体幹トレーニングは本になるほど大人気!試しにやりたい方へ

今や本やテレビで当たり前に取り上げられる体幹トレーニング。 これはプロアスリートや何か競技を本気で...

不安定な姿勢でのストレッチで股関節可動域とバランスアップ

股関節のストレッチと言えば、床に座り開脚するものを思い浮かべる方は多いでしょう。 そのストレッ...

錦織圭を目指せ!体幹トレーニングでテニスをレベルアップ!

テニスは同じ場所で打ち返し続けることがありません。 左右に走っては打ち、切り返しては反対へ走る...

体幹トレーニングはアスリートだけでなく美を求める女性まで

体幹トレーニングはスポーツにおいて、あらゆるパフォーマンスを高めるために、現在標準化されつつあります...

今大人気の体幹トレーニングをやるメリットとは健康の底上げ

体幹トレーニングとは、アスリートがパフォーマンスを高め怪我の予防のためだけにすることではありません。...

体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛え腰痛の元を排除!

慢性腰痛が運動不足に起因しているのは、ほぼ間違いないでしょう。 運動不足によって体は本来の機能...

いいことだらけ!?体幹トレーニングをするメリットを考察

体幹トレーニングは現在の競技スポーツにおいて必要不可欠となってきましたが、デメリットはないのでしょう...

スポンサーリンク

 トレーニング前に姿勢をチェック

原因不明の肩こりや腰痛などはありませんか?

肩こりや腰痛などは筋肉疲労が原因の場合がありますが、もしかしたら姿勢が悪いことが原因の可能性もあります。

綺麗な姿勢を保っていると体への負担は少ないのですが、体が曲がっていたり姿勢が悪いと血流が悪くなり、全身に負担が増え肩こりや腰痛、体が歪んでしまう可能性もあるのです。
また、歪んだままの姿勢でトレーニングをしていても効果が半減してしまいます。

そこで自分の姿勢をチェックしてみましょう。
チェックの方法はとても簡単です。

まず壁から30センチほど前に背中を向けて立ちます。
そのまま踵、お尻、背中から後頭部までを壁につけてみましょう。
そうしたら壁の隙間を確認します。
後頭部がついていない場合は猫背の可能性が、腰と壁のスペースに手のひら1つ以上の隙間が空いている場合は骨盤が前に傾斜している可能性があります。

理想は耳から肩、足首までのラインがすべて真っ直ぐに並ぶ状態で、腰と壁の隙間が手のひら1つ分空いていると綺麗な姿勢と言われています。

もし、チェックをしてみて真っ直ぐな姿勢にならなかったら要注意です。
綺麗な姿勢を保って、トレーニングをするためにも事前に姿勢チェックすると良いですね。

姿勢チェックで不具合が見つかった方向け ウィンドミルオープンの流れ

今回はウィンドミルオープンという、神経促通パターンのストレッチ&トレーニングです。
背骨の運動、肩甲骨の左右の高さの調整に役立ちます。

まず仰向けで両足を開き、両手はバンザイしてください。

右手を左手の方に体を捻りながら伸ばします。

そこから両肘を曲げていき、右脇の下まで動かします。

そうしたら両肘の向きを入れ替え、肘を左脇の下に寄せてください。

そこから右手は斜め右上、左手は左斜め下に伸ばします。

もう一度胸の前で肘と肘をつけてください。


再度左右の向きを入れ替えて、右手は右斜め下に、左手は左斜め上に伸ばしましょう。
この一連の動きを10回繰り返してください。
肘をしっかり閉じることで、背中の細かい筋肉が動きやすくなってきます。
肘はしっかり閉じて行ってください。

このような形で、神経促通のパターン運動を行うことで、背中の張り、肩の左右の高さを整えることができます。
是非お試しください。

ウィンドミルオープンのポイント/回数・タイミング

ウィンドミルオープンを行う上でのポイント

腕が対角線上で動くように意識してください。
上に伸ばすときは手のひらが内側、下に伸ばす時は外側を向くように捻ってください。

回数・タイミング

10往復1セットとし、3セット行うと効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

神経促通。
姿勢矯正/改善。
ストレス発散。
疲労解消。

運動強度☆☆☆☆

慣れるまで難しいですが、だれでもできます。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • ダイエットに失敗ばかりしている方
  • 冷えやむくみを感じやすい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.240】姿勢チェック入らずになれる ウィンドミルオープン

姿勢チェックは定期的に行って自分の状態を把握しておこう

姿勢は良くすべきものですが、常に意識するのは大変です。
日常に追われ忘れてしまうこともしばしばです。

そこで、姿勢チェックを決まった間隔でするようにしてみましょう。
不具合が見つかれば、その流れで姿勢矯正のためにストレッチをすれば良いです。
さらに欲を言えば、チェックの間隔を狭めると、崩れていることにすぐ気付き、意識の改善が図れるかもしれません。
また、チェックをしなくても、毎日今回紹介したようなストレッチをすれば、姿勢は崩れにくいです。

何もしないのだけは避け、チェック、ストレッチ、チェック&ストレッチをやっていきましょう。

 - 体幹トレーニング