ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

2017.12.31

漢方は自然界にあるものから作られています。
そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。

そんな漢方にはたくさんの種類がありますが、肩こりを抱えている方に効果的なものも存在します。

ストレッチをサボらず続けているのに解消しきれないといった方は、体の内側からの回復力が足りていない可能性があります。
ですから漢方の力を借りて、内側の力を高めることも考える必要があるでしょう。

今回紹介するストレッチで肩こりを解消しきれないと感じたら、漢方も試してみることをオススメします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

冬に腰が痛いときストレッチの効果は!冬こそ体を動かそう!

冬になると神経痛・関節痛・腰痛の症状が悪化する人は少なくありません。 冬の寒さにより血行が悪くなり...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。 また大内転筋を...

僧帽筋・広背筋を積極的に使って肩こり腰痛改善ストレッチ!

ある日、腰に違和感が・・・。 最初は一時的な痛みで放って置いたら腰の痛みが治ったが、またある日腰に...

姿勢が悪いと何が悪いの!?身体に及ぼす数々の悪影響とは?

今までにご自身の姿勢をチェックしたことはありますか? 鏡の前で立っている状態、座っている状態で自分...

姿勢を良くする筋肉は大腰筋!この筋肉の使い方が鍵を握る!

私たちの身体は姿勢良く過ごすことで快適に動け、そして疲れにくくもなります。 そんな姿勢を保って...

肩こりがひどいとさらなる悲劇が!その前に食い止めるべき

肩が凝ってしまうと身体に色々な異常が起こります。 肩こりが酷くなると肩のだるさ、気分が悪くなったり...

腰痛が治らないなら股関節を広げてガニ股で腰を落とそう!

腰痛が治らないのは、筋肉のバランスが崩れたままだからかもしれません。 痛みの発する部分の筋肉を...

ふくらはぎに起こるランニング後の張り。緩みストレッチが◯

ふくらはぎは張りやすく硬くなりやすい筋肉の1つです。 例えば長時間立っていたり長時間椅子に座っ...

肩こりと頭痛は赤ちゃんに無関係?大人だから仕方ない?

肩こりでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。 でも唯一赤ちゃんは肩こりにならないのはご存知でしたか?...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。 月に数回、週に1回、週に3~4回。 ...

姿勢美人。たったコレだけでなれる?なりたい方必見です!

皆さんは姿勢美人ですか? それとも姿勢ブサイクですか? そもそもこんな言葉はありませんが、姿勢美...

デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。 ...

腰痛でお悩みの方。痛みがなく楽な姿勢こそ正しい姿勢なの?

腰痛の症状でお悩みの方は、普段はどのような姿勢でいますか? そもそも姿勢を意識して生活をされていま...

ひどい肩こりなら注射を打ちますか?それとも何かしますか?

肩こりでお悩みの方に、色々な対処法が世に広まっていると思います。 その中でも肩こりを緩和する為...

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。 前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。 中部...

スポンサーリンク

 肩こりに効果的な漢方

肩こりの原因は、血行不良と言われています。

しかし、血行不良の原因はいくつかに分けられます。
ストレスなどで体が緊張した状態が続くことで起こる場合と、冷えが原因になってしまう場合、体中に疲労が溜まってしまうことで筋肉が固まる場合、臓器の働きが悪くなったことが原因の場合などが考えられます。
この理由は人によって違います。

肩こりがひどい際は肩甲骨をほぐす運動や、マッサージやストレッチが効果的ですが、血行不良をさらに解消するには、漢方を服用するという方法もあります。

ただ漢方薬を服用する前に、自分がどの理由に当てはまるのか知ることが大事です。
例えば、緊張することで血行が悪くなる人には緊張をほぐしてくれるような漢方を服用します。
血圧が上がる人、ストレスが強い人、冷えが強い人、疲労が溜まることが原因の人、臓器が弱っている場合など、それぞれの症状に合ったものを選びます。

体の状態は1人1人違うので、自分に合った漢方を見つけることができれば、肩こりも早期解消されるでしょう。

漢方との相乗効果を狙って肩こりを解消 ビハインドオブヘッドの流れ

今回はビハインドオブヘッドという、肩こり改善のストレッチ、主に僧帽筋と頭板状筋のストレッチを行います。

肩幅くらいに広げて立ち、左手をお腹の前に、右手を頭の後ろに持っていきましょう。

顎を右の鎖骨の上に乗せるようなイメージで、右手で引き込んでください。
注意点は、左肩が上に上がってしまわないこと。
目的としている左側の僧帽筋と頭板状筋が伸びづらくなってしまうからです。

しっかり左の肩甲骨を下げた状態で10秒間姿勢をキープしてください。

左側を伸ばしたら同様に右側の肩甲骨を伸ばしていきましょう。
左手で頭部を支えて、顎を左脇の下に持っていき10秒間姿勢をキープします。

肩こり改善だけでなく、頭痛や目の疲れまで改善できるストレッチとなってきます。
是非お試しください。

ビハインドオブヘッドのポイント/回数・タイミング

ビハインドオブヘッドを行う上でのポイント

背骨のラインが崩れないように注意しながら、腕の重みで後頭部を引き込んでください。

回数・タイミング

10秒キープを1セットとし、1日3セット以上こなせると効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり解消。
僧帽筋・頭板状筋ストレッチ。

運動強度☆

簡単でだれでもどこでもできます。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩でお悩みの方
  • 首や背中に疲労を感じている方
  • 簡単な肩こり解消ストレッチを覚えたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.127】ビハインドオブヘッドで肩こり解消。漢方の力も加わればさらに◯。

目的に合った漢方の探して肩こり解消に役立てよう

肩こり解消のために外側からストレッチで刺激を与えて筋肉を和らげることは可能です。

しかし、私たちの体は口から摂り入れたもので作られていきます。
つまり、良いものを摂り込めば内側からも肩こりを解消できるのです。

自分の症状に合った漢方を見つけるのは難しいかもしれません。
そのため、しっかりと医師と相談したほうが賢明です。

ストレッチだけでは、どうも解消しきれないなと感じている方は漢方を試してください。

 - ストレッチ