ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

2017.12.31

漢方は自然界にあるものから作られています。
そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。

そんな漢方にはたくさんの種類がありますが、肩こりを抱えている方に効果的なものも存在します。

ストレッチをサボらず続けているのに解消しきれないといった方は、体の内側からの回復力が足りていない可能性があります。
ですから漢方の力を借りて、内側の力を高めることも考える必要があるでしょう。

今回紹介するストレッチで肩こりを解消しきれないと感じたら、漢方も試してみることをオススメします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。 呼吸...

毎日やりたい頭痛や肩こりに効く誰でも簡単な首ストレッチ

首は重い頭を支える、動かすだけでなく、様々な通り道でもあります。 そんな首はいくつもの筋肉で構...

ランニングを重ねても腰を痛めない!腰痛改善トレーニング法

腰の状態が良くないと感じるときの基準、皆さんにはありますか? 朝起きたときに腰が痛い、腰が重た...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。 ...

O脚やX脚を改善しよう!姿勢を良くする内転筋群の役目とは?

姿勢の良い人は腹筋と背筋がしっかりしている。というのは良く聞くと思います。 しかし、やみくもに腹筋...

肩こりを治す鍵は上腕三頭筋にあり!皆さん使えていますか?

肩こりになってしまう方で多いのが、上腕三頭筋が硬くなることです。 そこで、どのようにしたら柔ら...

腰痛は発展すると足のしびれを引き起こす!?解決法伝授!

腰痛は放っておいても良くなるというものではありません。 なぜなら普段の生活スタイルが関わっていて、...

太腿とお尻の柔軟性バランスは崩れやすい!ストレッチで調節

ウォーキングやジョギング、ランニングをする上で歩幅を広げるためには、股関節から繋がる太腿とお尻周りの...

姿勢矯正には足底クッションが鍵!足の裏使えてますか?

私達の体は様々な衝撃から身を守るため、生まれながらに備わっている機能があります。 それがクッシ...

腰痛ツボの位置を把握。ストレッチでその経絡の流れを改善!

腰痛のツボはいくつか存在します。 ただほとんどが背中側にあるため、自分でツボを押すこともままなりま...

腰痛はいつから?病気のせい?腰を捻って内臓ストレッチ!

腰痛と内臓疾患はつながりがあります。 最近胃に不調を感じた方、もしかしたら胃の病気なのではない...

姿勢が良い人、悪い人の身体の差。どこにあるか知ってる?

姿勢の崩れから身体に起こる不調は無限にあると言われています。 最近では小学生でも姿勢の崩れから身体...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。 腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

スポンサーリンク

 肩こりに効果的な漢方

肩こりの原因は、血行不良と言われています。

しかし、血行不良の原因はいくつかに分けられます。
ストレスなどで体が緊張した状態が続くことで起こる場合と、冷えが原因になってしまう場合、体中に疲労が溜まってしまうことで筋肉が固まる場合、臓器の働きが悪くなったことが原因の場合などが考えられます。
この理由は人によって違います。

肩こりがひどい際は肩甲骨をほぐす運動や、マッサージやストレッチが効果的ですが、血行不良をさらに解消するには、漢方を服用するという方法もあります。

ただ漢方薬を服用する前に、自分がどの理由に当てはまるのか知ることが大事です。
例えば、緊張することで血行が悪くなる人には緊張をほぐしてくれるような漢方を服用します。
血圧が上がる人、ストレスが強い人、冷えが強い人、疲労が溜まることが原因の人、臓器が弱っている場合など、それぞれの症状に合ったものを選びます。

体の状態は1人1人違うので、自分に合った漢方を見つけることができれば、肩こりも早期解消されるでしょう。

漢方との相乗効果を狙って肩こりを解消 ビハインドオブヘッドの流れ

今回はビハインドオブヘッドという、肩こり改善のストレッチ、主に僧帽筋と頭板状筋のストレッチを行います。

肩幅くらいに広げて立ち、左手をお腹の前に、右手を頭の後ろに持っていきましょう。

顎を右の鎖骨の上に乗せるようなイメージで、右手で引き込んでください。
注意点は、左肩が上に上がってしまわないこと。
目的としている左側の僧帽筋と頭板状筋が伸びづらくなってしまうからです。

しっかり左の肩甲骨を下げた状態で10秒間姿勢をキープしてください。

左側を伸ばしたら同様に右側の肩甲骨を伸ばしていきましょう。
左手で頭部を支えて、顎を左脇の下に持っていき10秒間姿勢をキープします。

肩こり改善だけでなく、頭痛や目の疲れまで改善できるストレッチとなってきます。
是非お試しください。

ビハインドオブヘッドのポイント/回数・タイミング

ビハインドオブヘッドを行う上でのポイント

背骨のラインが崩れないように注意しながら、腕の重みで後頭部を引き込んでください。

回数・タイミング

10秒キープを1セットとし、1日3セット以上こなせると効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり解消。
僧帽筋・頭板状筋ストレッチ。

運動強度☆

簡単でだれでもどこでもできます。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩でお悩みの方
  • 首や背中に疲労を感じている方
  • 簡単な肩こり解消ストレッチを覚えたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.127】ビハインドオブヘッドで肩こり解消。漢方の力も加わればさらに◯。

目的に合った漢方の探して肩こり解消に役立てよう

肩こり解消のために外側からストレッチで刺激を与えて筋肉を和らげることは可能です。

しかし、私たちの体は口から摂り入れたもので作られていきます。
つまり、良いものを摂り込めば内側からも肩こりを解消できるのです。

自分の症状に合った漢方を見つけるのは難しいかもしれません。
そのため、しっかりと医師と相談したほうが賢明です。

ストレッチだけでは、どうも解消しきれないなと感じている方は漢方を試してください。

 - ストレッチ