ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

猫背で悩んでいる方、治すためにストレッチ何種類やってる?

2017.12.31

猫背を治すためにストレッチをしていますか。

そのストレッチもたくさんの種類があります。
どれも猫背矯正に効果があるものばかりでしょう。

ただし、どれも数回やっただけでOKというワケにはいきません。
何度も繰り返し、体にその感覚を常に残しておくことが大切です。

今回紹介するストレッチは動かすメニューのため、体に感覚が残りやすいです。
是非試してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

姿勢改善のため骨盤と背骨を連動?バラバラに使っては駄目!

老若男女問わず、姿勢を気にする方がとても増えました。 それだけ現代人の姿勢は崩れてしまっていて改善...

肩こりと腰痛の原因は同じ可能性大!不良姿勢と運動不足が鍵

肩こりや腰痛の原因を探せばたくさん出てきますが、その中で共通するのが姿勢の崩れがあります。 悪...

ハムストリングスストレッチで腰痛解消!効果はいかほどか?

ハムストリングスがどこの筋肉だか知っていますか。 それは裏ももの筋肉群です。 大腿二頭筋、半...

腰痛は胃の状態を現す写し鏡!?食生活・ストレスが原因に

胃と腰痛の関係性はあまり有名なお話ではありませんが、胃腸が弱くなって腰痛になることは実は良くある話で...

慢性腰痛で背中を反れないなら簡単反り拝み体操でストレッチ

皆さんは背中を大きく反れますか? 背中を反れない多くの人は何かしら不調を抱えています。 肩こ...

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか? 肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

男性は腰痛が右側に出やすいのには身体的理由があった!

スポーツをしていて利き腕、利き足を使いすぎることで身体に左右差が生まれてしまうのはご存知でしたか? ...

あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか? 背筋は役目を全うしていますか? 姿勢が悪いことは体にとって、...

「腰痛が悪化し過ぎて動けない」なんてことにならないために

腰痛で苦しんでいる方。 突然の腰痛で動けないなんて経験ありますか。 その時、腰に痛みが起きて...

あなたの肩こり、本当の原因を把握している?人それぞれ違う

肩こりとは肩周りの筋肉がこり固まることを指します。 ただなぜこり固まるのでしょうか。 原因は...

膝の内側の痛みは鵞足炎?女性特有症状?ストレッチでケア

膝の内側に痛みが出るのは、正しい曲げ伸ばしや体重の掛け方ができていないことが原因だと考えられます。 ...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

腰痛はいつから?病気のせい?腰を捻って内臓ストレッチ!

腰痛と内臓疾患はつながりがあります。 最近胃に不調を感じた方、もしかしたら胃の病気なのではない...

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯を硬くするな!O脚や怪我の原因に

サッカーやバスケットボールのように接触プレーの多いスポーツでぶつかった場合、柔軟性がないと筋肉が伸び...

腰痛は座り方を変えるだけで治まる可能性あり!その方法とは

座り仕事が増えた現代では、中臀筋というお尻の筋肉に負担がかかることで腰痛やむくみを発症してしまう方が...

スポンサーリンク

椅子を利用した簡単な猫背を治すストレッチ

長時間のデスクワークや身長、座高に合わない机を使っていると背骨が曲がり猫背になりやすいです。

そこで猫背の姿勢を正しい姿勢に治す為に行うストレッチ法をお伝えします。
デスクワークをしている多くの方が簡単だと感じ、改善が見られるメニューです。

猫背が長時間続くと背中の筋肉が硬まってしまいストレッチをしてもなかなか改善されません。
ですから背中の硬くなる前に猫背を一度リセットし、余計な筋肉の緊張が起きないようにするのがストレッチの目的となります。

椅子に座り、腕を上に伸ばし、腕を上げたまま5秒キープします。
簡単のようでこれが猫背の方は結構キツかったりします。
そしてゆっくりと腕はピンと張ったまま半円を描くように太ももに下ろします。
それを10回程繰り返します。

10回繰り返した後、自分の姿を鏡で横から見てください。
不思議と猫背ではなくなっているでしょう。
ですが気をつけていないとすぐに元に戻ってしまいます。
そのため毎日継続して行う事が大切です。

意識して猫背ではない時間を少しでも長く作るようにしていく事が、何よりも大切です。

 猫背を治すための簡単動的ストレッチ ビハインドイヤーの流れ

今回はビハインドイヤーという、姿勢改善のストレッチです。
主に肩甲骨回りに刺激を入れて、肩甲骨の可動範囲を広げていくメニューです。

立膝になって左手を背中につけてください。
そして右手の手のひらを前に出します。


そこから、手のひらの向きを変えずに腕を真上まで回していきます。
そこで腕をぐるっとねじって、肩をできるだけ後ろに回してください。
この動きをゆっくり10回繰り返します。


1周ごとに可動域を広げていくイメージです。
可動域が広がってきましたら、肩を下げる時に少し体を右側にねじるように動いてください。

10回終わったら、手を入れ替えて左も行いましょう。
こちらも10回動作を繰り返しましょう。

水泳の背泳ぎと似た動きですが、肩甲骨は後ろに回すことによって、背骨が上に上がってきます。
そのため背骨が上に伸びることによって姿勢改善に繋げるストレッチです。
是非エクササイズしてみてください。

ビハインドイヤーのポイント/回数・タイミング

ビハインドイヤーを行う上でのポイント

顎を軽く引き、お腹を伸ばし、胸を張って行うことで効果が得られます。

回数・タイミング

左右ともに10回1セット。
デスクワークの方は、1時間おきにやると効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり解消。
肩甲骨可動域拡大。

姿勢矯正/改善。

運動強度☆☆

いつでもどこでも誰でもできます。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • お腹ぽっこりでお悩みの方
  • 二の腕のたるみが気になる方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.125】猫背を治すビハインドイヤーは背泳ぎのよう

背泳ぎのように腕を回すのは猫背を治す効果がある

体の仕組みは面白いもので、背泳ぎの動作は背すじを伸ばす方向に肩甲骨が動き、猫背を治す効果を得られます。
対して、クロール動作は肩甲骨が上へ外へと引き出されるため、背中が丸まる力が働きます。

こういった体の仕組みを理解すると、姿勢は変えやすいです。

是非このストレッチを毎日続けて、猫背を改善していきましょう。

 - ストレッチ